機能のご案内

「ルート計算」および「最短ルート計算」は、指定した複数地点の最短経路を求める計算です。 「ルート計算」は、単純に、指定された地点を指定された順番で巡回するルートを作成します。 「最短ルート計算」は、指定された地点を最短巡回順序で巡回するルートを作成します。
「到達圏計算」は、指定した地点から一定時間または距離で到達可能な範囲を求める計算です。 「流入圏計算」は、到達圏計算とは逆に、指定した地点へ一定時間または距離で流入可能な範囲を求める計算です。 これらの範囲は基準地点を取り囲む多角形で示されますが、これを「ポリゴン」といいます。 【到達圏計算】   【流入圏計算】   【ポリゴン】     到達圏計算の場合、登録した基準地から外向きの到達範囲を計算します。   流入圏計算の場合、登録した基準地から内向きの流入範囲を計算します。   青い線がポリゴンです。 「到達圏計算」と「流入圏計算」のちがい ある地点から10分の到達圏計算と流入圏計算を行っても、2つの計算結果は異なります。言い換えると 地点A→地点B と 地点B→地点A の計算では、計算結果が異なります。 この現象は、道路に一方通行などの交通規制が存在することと、高速道路のように「上り」と「下り」で別々の道路を走行するために発生します。 「単一ポリゴン」と「複数ポリゴン」 到達圏計算/流入圏計算では、到達(流入)可能な交差点の位置を利用し、1つのポリゴンを作成します。これを「単一ポリゴン」といいます。 「単一ポリゴン」を進化させ、到達(流入)可能な交差点と、その交差点に接続する道路を利用することで、到達(流入)可能な交差点のグループを認識することができます。それぞれグループに対してポリゴンを作成することで、「複数ポリゴン」を作成することが出来ます。 例えば右図のようにA駅前から鉄道を利用して到達圏計算を行ったとします。 この場合、次の3つの計算を行います。 A駅からの徒歩圏 A駅からB駅までの鉄道区間 B駅からの徒歩圏 単一ポリゴンでは、これらを1つのグループ(ポリゴン)として取り扱います。 複数ポリゴンでは、鉄道区間(赤線部分)を無視することにより、A駅・B駅それぞれを1つのグループと考え、2つのポリゴン(青色ポリゴン)を作成します。  旅客鉄道を利用して東京駅から60分圏の複数ポリゴン この「複数ポリゴン」は、高速道路や旅客鉄道を利用した場合の到達圏/流入圏の分析に威力を発揮します。 「複数ポリゴン」と「ドーナツポリゴン」 旅客鉄道を利用して東京駅から60分圏の 複数ポリゴンとドーナツポリゴン (赤色ポリゴンが到達不可能な交差点グループ) 「複数ポリゴン」の1つのポリゴンの内部に、到達(流入)が不可能な交差点グループが包含されることがあります。このグループに対してもポリゴンを作成することができます。この中抜けとなるポリゴンを「ドーナツポリゴン」といいます。 主な特徴 以下の指定ができます。 時間最短計算/距離最短計算の指定 高速道路使用/非使用の指定 旅客鉄道使用/非使用の指定(注) 貨物鉄道使用/非使用の指定(注) フェリー使用/非使用の指定(注) 内航船使用/非使用の指定(注) 航空機使用/非使用の指定(注) 単一ポリゴン/複数ポリゴンの指定(注) ドーナツポリゴン使用/非使用の指定(注) (注:ご使用の製品・データによっては利用できない場合があります) 到達圏内の地点の一覧表の作成が可能です。 画面サンプル 到達圏計算 (ACT距離計算パッケージ for MapInfo) 製品ご案内 到達圏計算機能と流入圏計算機能はセットではありません。 製品により、到達圏計算機能のみを実装するものがあります。 「到達圏計算」機能は、次の製品に実装されています。 ACT距離計算サービス ACT距離計算サービス ACT距離計算クライアント for Super Mapple Digital ACT距離計算ワークシート for Excel (* 地図表示は行いません) パッケージ製品 ACT距離計算パッケージ for MapInfo ACT距離計算コア エンタープライズ版 「流入圏計算」機能は、次の製品に実装されています。 ACT距離計算サービス ACT距離計算サービス ACT距離計算クライアント for Super Mapple Digital ACT距離計算ワークシート for Excel (* 地図表示は行いません) パッケージ製品 ACT距離計算パッケージ for MapInfo 「複数ポリゴン」、「ドーナツポリゴン」機能は、次の製品に実装されています。 ACT距離計算サービス ACT距離計算サービス...
「片道一括計算」は、指定した1地点から複数の地点(1:n)、または、複数の地点から1点(n:1)までの所要時間や距離を一括で求める計算です。 「片道一括計算」と「到達圏/流入圏計算」の関係 「片道一括計算」では、はじめに「到達圏/流入圏計算」を実行し、次に複数地点の所要時間や距離を取得します。この方法によって、所要時間や距離を取得したい地点が、大量に指定された場合(例えば1:100地点)でも、距離計算そのものは1回で済むことになり、高速な処理が可能となります。   【片道一括計算(到達圏)】   【片道一括計算(流入圏)】 主な特徴 以下の指定ができます。 時間最短計算/距離最短計算の指定 高速道路使用/非使用の指定 旅客鉄道使用/非使用の指定(注) 貨物鉄道使用/非使用の指定(注) フェリー使用/非使用の指定(注) 内航船使用/非使用の指定(注) 航空機使用/非使用の指定(注) (注:ご使用の製品・データによっては利用できない場合があります) 到達圏内の地点の一覧表の作成が可能です。 画面サンプル 片道一括計算(到達圏計算一覧表として実装) (ACT距離計算パッケージ for MapInfo) 製品ご案内 「片道一括計算」機能は、次の製品に実装されています。 ACT距離計算サービス ACT距離計算サービス ACT距離計算クライアント for Super Mapple Digital (* 到達圏計算として実装) ACT距離計算ワークシート for Excel (* 到達圏計算として実装) パッケージ製品 ACT距離計算パッケージ for MapInfo (* 到達圏計算として実装) ACT距離計算コア エンタープライズ版 (* 到達圏計算として実装)...
複数の地点間の時間または距離の多対多の一覧表(マトリックス)を作成します。 この表は、拠点-届先間の時間リストや、エリアマーケティングのハフ分析などに利用することができます。 主な特徴 以下の指定ができます。 時間最短計算/距離最短計算の指定 高速道路使用/非使用の指定 製品ご案内 「発着マトリクス計算」機能は、次の製品に実装されています。 ACT距離計算サービス ACT距離計算クライアント for Super Mapple Digital パッケージ製品 ACT距離計算パッケージ for MapInfo...
複数の到達圏計算を組み合わせて、地図範囲を複数のエリアに分割します。 具体的には、地図上の全てのノード(交差点)を、指定された複数の地点に近いノードの部分集合に分割します。 商圏分析、配送拠点計画、営業拠点計画等、最適な担当エリア決定や統廃合シミュレーションが可能です。 画面サンプル 下図は、4つの拠点「東京センタ」「神奈川センタ」「千葉センタ」「埼玉センタ」の配送範囲をシミュレートしたものです。 地図分割機能 (ACT距離計算パッケージ for MapInfo) サンプルシミュレーション 4つの拠点「東京センタ」「神奈川センタ」「千葉センタ」「埼玉センタ」の統廃合シミュレーションを行ってみます。   上図は拠点が4つの場合です。   上図は4つの拠点のうち、「東京センタ」を廃止した場合です。 主な特徴 各エリアの最大範囲(時間/距離)を指定できます。 各エリアの外接ポリゴンを描画します。 計算結果を保存できます。(MapInfoテーブル形式) 製品ご案内 「地図分割計算」機能は、次の製品に実装されています。 パッケージ製品 ACT距離計算パッケージ for MapInfo...
動的に道路の通行速度を変更します。 災害時のルートシミュレーションや、道路計画に利用することができます。 距離計算における「速度」 距離計算を行うと、計算結果として所要時間や距離が算出されます。 計算対象の道路データには、道路の長さのデータは含まれていますが、「この道路の通過には○分かかる」といった時間のデータは含まれていません。 代わりに、「速度」データが含まれており、この速度と道路の長さから、所要時間を算出します。 たとえば「通行止め」は、道路の速度を「0」にすることによって表現します。 速度変更の方法 道路の速度変更は、製品に付属している機能により、簡単に行うことができます。 速度変更のためには膨大なデジタル道路データの中から該当する道路データを探して速度を変更し、新たに計算用道路データを作成しなければならないといった煩雑な作業も、この機能によって、動的に自由な速度設定を可能とします。 速度設定対象となる道路の単位 区間種別・幅員区分等の道路属性 都道府県・市区町村 任意のエリア 任意の道路 製品ご案内 「道路速度変更」機能は、次の製品に実装されています。 パッケージ製品 ACT距離計算パッケージ for MapInfo ACT距離計算コア エンタープライズ版...
道路公団などの高速道路のほか、河や湖などにかかる小さな有料道路(*)についても料金算出できます。 (*) 道路ポケットブック (全国道路利用者会議 発行) に掲載されている有料道路 全5車種の料金算出が可能です。 二輪・軽 小型車 普通車 大型車 特大車 製品ご案内 「通行料金計算」機能は、次の製品に実装されています。 * 現在対応している道路地図は、MSR(三井E&Sシステム技研株式会社)製のみです。 ACT距離計算サービス ACT距離計算サービス ACT距離計算クライアント for Super Mapple Digital ACT距離計算ワークシート for Excel パッケージ製品 ACT距離計算パッケージ for MapInfo ACT距離計算コア エンタープライズ版...
経由交差点一覧 経由したルートの交差点名称、道路名称、料金所名称、駅名称、路線名称および、それらの所要時間、距離の一覧表を出力することができます。 製品ご案内 「経由交差点一覧」機能は、次の製品に実装されています。 ACT距離計算サービス ACT距離計算サービス ACT距離計算クライアント for Super Mapple Digital パッケージ製品 ACT距離計算パッケージ for MapInfo ACT距離計算コア エンタープライズ版...
漢字住所や郵便番号から地図上の位置(経緯度)を求め、距離計算を行う地点として利用できるようにします。  この機能は、ACT距離計算サービスで提供されます。その他の距離計算製品では、ACT位置検索ライブラリ(別途お求めいただく必要があります)を追加することによって提供されます。 なぜ住所検索が必要? 距離計算は、地図上の地点(経緯度)をもとに計算を行います。 このため、計算前に、住所や郵便番号で指し示される地点の経緯度を調べておく必要があります。 逆に、仮に住所や郵便番号がなくても、経緯度さえあれば距離計算を行うことができます。 住所検索の正確さ 住所検索は、全国の住所や郵便番号などのリスト(データベース)から検索します。 このため、市区町村の統廃合などによる実住所との不一致が生じる恐れが考えられますが、弊社では常にメンテナンスを行っているため、新旧どちらの住所でも検索可能です。 また、「市区町村」「大字町目」「街区」「号」などのレベルに応じた検索が可能です。(製品による) なお、住所データベースや検索方法などの仕様は、製品により異なります。 住所検索画面サンプル ACT位置検索ツール for Any GIS ACT距離計算クライアント for Super Mapple Digital 製品ご案内 住所検索機能は、次の製品に実装されています。 下記以外の距離計算製品についても、位置検索ライブラリを追加することで利用可能です。 ACT距離計算サービス ACT距離計算サービス ACT距離計算クライアント for Super Mapple Digital ACT距離計算ワークシート for Excel パッケージ製品 ACT位置検索ライブラリ for Any GIS...

ページトップ