お知らせ

東京外環自動車道 三郷南IC~高谷JCT開通。
千葉の湾岸部から都心部を通らずに北関東エリアにアクセス可能に。
東関東自動車道から関越自動車道、東北自動車道、常磐自動車道への所要時間短縮。
ACT距離計算クライアント の Version 4.2 をリリースしました。
最適拠点立地計算機能を追加しました。
配送センタや営業拠点の最適な立地を計算する機能。
道路データのすべての交差点(ノード)の中で、拠点から納品先までの走行距離
(または所要時間)と納品先の荷量との積の総和が最小になる最適な1点を探索します。
道路データを最新の2017年9月版へバージョンアップ。
新名神高速道路の高槻JCT~神戸JCTが全線開通。
ACT距離計算クライアント の Version 4.1 をリリースしました。
印刷ダイアログの改良と地図の操作方法を追加しました。
新名神高速道路 高槻JCT~川西IC開通。
大阪北部地域および川西地域から周辺高速道路ネットワークへのアクセス向上。
2018年3月に高槻JCT・IC~神戸JCT全線開通予定。
ACT距離計算サービス」のAPIに、REST APIを追加しました。
よりシンプルな手順でシステム連携を実現可能になります。なお、従来のXML/Webサービスは継続してご利用頂けます。
圏央道(境古河IC~つくば中央IC)開通。
東名高速道路、中央自動車道、関越自動車道、東北自動車道、常磐自動車道、  東関東自動車道の6つの高速道路が圏央道で接続。
ACT距離計算ワークシート for Excel の Version 2.6 をリリースしました。
到達圏計算/流入圏計算の計算可能地点数の引き上げとエクセルファイル形式の変更を行ないました。
『県庁・市区町村データ』の最新版をリリースしました。

ページトップ